増毛町ふるさと納税特設サイト

北海道産塩数の子の受付を開始いたします!!

北海道産の塩数の子の受付を開始いたします。年末年始にいかがでしょうか?

かつて、ニシン漁で栄えた増毛町の伝統あるニシン加工


増毛町は、かつてニシン漁で栄えました。
今も増毛町では数の子をはじめ、糠にしん・身欠きにしんなど、豊漁の時代から続く伝統ある技でニシン加工が行われています。

JR留萌本線の始発駅「深川」の名物「ウロコダンゴ」「ウロコ」は、
当時、増毛駅から鉄道で輸送されていた大量のニシンのウロコで
到着した列車がウロコだらけであったことが、名前の由来とも言われており、
当時の大漁の様子が、少し離れた深川市の名物からも感じることができます。

各社の特典「北海道日本海産の塩数の子」のご紹介

赤島水産の北海道産塩数の子

赤島水産の塩数の子は、上記のように瓶詰めになっており、桐の箱に入ってお届けいたします。
贈答品に向いており、熨斗(のし)の対応もいたします。
(内容量 250g)

北日本水産物の北海道産塩数の子

北日本水産物の塩数の子は、上記のとおり箱に入ってお届けします。
内容量が300gとなっており、贈答品にはもちろん、ご家庭用にもご利用できます。
(内容量 300g)

昨年は、それぞれ1つずつお選びいただいた方もおり、
それぞれ食べ比べてみるのも良いと思います。

数の子の塩抜き方法について

北日本水産物(株)HP(http://www.kitanihon.com/)より
Youtube Movie

味付け数の子の作り方

北日本水産物(株)HP(http://www.kitanihon.com/)より
Youtube Movie